ああードラム日記。。。

(・ω<)
JUGEMの「えっ・・・俺の土地、そんなに高く売れるの?」って広告が面白かった



ドラム日記

はいどうも、おはよーございます。
あっまたずいぶん時間が経っていますね。

そんなわけで

前回はライブ当日の未明くらいに書いたのでしたっけね。
あれから一週間か、いつもながら早いですね。

そんなわけで振り返ると、
15日は横浜ギャラクシーで滑稽のドアライブでした。

その日はどこをどう切り取ってもハードコアな諸先輩方の中で、という
感じだったのでしたが、楽しく、そこそこやりきれました。
新曲もだいーぶ慣れてきたような気がする。
ただ最後に俺がだいーぶやらかしてしまったんだけど、
なんかちょっと新しい所に入れた感もあったけど、多分それは気のせいで、
やり慣れたものほどこそちゃんとやらないとなあと、帰って寝て起きて世知辛
行って帰って寝る前くらいに思いました。
全体的にはするっといったような気がするんですけどね。難しいですね。

忘れられないのが、ANARCHY CONDOMS。
ドラム最高に気持ちよかった。
スネアがこうパァァンでもなくバシッでもなく、
トォォォン!って感じで、もうそれと三点と、ベースと、ギターと歌で、
気持ちいいなあと思いました。

ROSSOの1stの音みたいと思った。
存在感ある感じというか。ほんとすげー。
打ち方もちろん機材もあるけど、年季入らんとああはならないのだろうか。
もう俺のスネアの音はチンコみたいな音だよ。ペチンペチン。プルプルプル・・・。

いやまあそんな感じでしたけどね、いつも通り酔いどれて、祖母の家を通って、
いやいつもギャラクシーから帰る時はその、自分が昔生まれてから住んでた家の
ルートを通って帰ってるんだけど、すげえ登りだから疲れるんだけど、
こうなんか色々ノスタルジィになりながら帰りましたね。
まあくそみたいなプレイしててノスタル自慰も何もないんですけどね。
いつもどおり課題を残しながら、4月の滑稽のドアのライブはこの日でおしまいでした。

そんなんで通常営業というか、世知辛い事情もやりながら、
先日19日は県内某所にちょっとした冒険に行ってきました。
電車で遠出、着いてからはそんなに距離的には遠くはないけど、
自分的に未開の地で冒険という感じでした。
来るべきの日のための下見ということで。

まだその来るべき日も来てないので、どうにもかけないけど、
久しぶりに原始的な喜びと恐怖を味わったっていうか、
子供の頃、「あそこおばけ出そう」的な場所に遊びに行った感じです。
つーか普通に無茶して怪我しそうだった。とりあえず靴は逝った。
もともとバッセン通いで靴は8割逝ってたんだけどね!

でも最高に楽しい、というのとは違うけど、行ってみてよかったと思えた。
ここだなと思った。
でも、その手の人からしたら、つーか単純に距離的にも色々考えても、
本場はもっとすごいんだろうなと思った。

疲れたは疲れたけどよかったかな。
いつも持ち歩いている今後の予定やらなんやら書いてあるノートに
帰りの電車の中で、一心不乱に感想を書き込んでしまった。
あとから読んでも絶対何書いてあるかわからんのだけどね。
感情が新鮮なうちに書いたほうが、やったほうがいいですよねと思った。
反省はしていない。

まあ膝とケツは痛かったですけどね。
そんなんでここ2、3日はおとなしくしていた。
いやあバッセンは行くよ。
日曜20日はベイスターズも勝ったしね!
不調マエケンからというのもあったけど、嬉しいですよね。
ここ最近は夢に見るほど悔しい日々でしたから。

まあ全くドラム日記的には関係ないですよね。
でもちょっと目標にしていた所もようやっとクリアできたので(それも厳密には
ドラムではないのだけど)、少し安心しています。
でもやっぱ銭コァ貯めるの難しいわ!

そんなんでした。
今週もまあ、地味な感じですかね。
でも先々色々面白そうな話はあるし、暖かくなってきたのでよいです。
とりあえず今週末は新宿新宿。

じゃあもういっこの方の書物も頑張ってあれして寝る。
靴もなんか新しいの見繕って生活する。
四月度。

おやすみなさい、優しい夢を

いらない子なんていない




5月23日に滑稽のドアと横浜ギャラクシー共同でフロアライブ企画をやります
いつもはここ自分らのPVやら貼ってましたがその日まではその告知貼りますね






絶対楽しいと思います
予定空いてる方は是非とも京急南太田駅近くのライブハウスへ

| 光fromNDR | えっていうか土地とか普通に持ってるのん? | 05:56 | comments(0) | trackbacks(0) | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ