ああードラム日記。。。

(・ω<)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
あと三百年くらいしたら地球さんサイドからの圧力で追い出されそうな気がしている



ドラム日記

はいどうも、おはようございます。
でへへっ…えぇへっ…。

そんなわけで

気がつけば3月。
先週は末の方にババッと詰まっていた感じですたー。

26日は滑稽のドアREC第4回目in太陽ぬ荘!
もうなんていうか、めっちゃ腕疲れた!

というのも、第二回まででドラムに関しては録り終え、
前回第三回で声的なものも終わったので、
もう今回はまるっと出番がなしだったので、うちからこんなのや







太陽ぬ荘からこんなのを借りて







めっちゃ筋トレしとった。


もちろん大御所のギター作業もちゃんと注視していましたよ、
この横浜から世界に羽ばたく名エンジニアリングと。




(今回ともちゃんは別件の仕事で不参加)


なんとかノルマまでは録り終えたかなーって感じ。
なんとかこれで着地点が見えたかなーって感じ。
工程ようやっと折り返し。

その日はさらっと藤沢から帰り、地元の友達がやってる飲み屋で一杯だけ飲んだ。
あいつは今どーだとかこーだとか・・・つくづく時間を感じる。

次の日は世知辛。
寸分も違わず世知辛い日だった。

そんで28日はアポプトシスの面々と、浅草に芝居見物に行った。

いやぁ…エロかったすなぁ…。

いやいや別にエロ目的だけじゃないんだけど、
んまーなんつーかあちこち目を奪われていたらあっという間に2時間20分経っていたという。

自分は去年、ひょんな繋がりから一人で見に行ったんだけど、
その時は舞台なんてちゃんと見るの初だったからそわそわしてたし、
話もややシリアス目だったから段々と引き込まれてく感じだったけど、
今回はなんか自然に見入って自然に時間経ってた感じ。
素晴らしいね。

帰りは浅草っぽい飲み屋で軽く飲んで帰った。
次の日は次の日でアポプトシススタジオだからノー深酒。

しかしいやーいいね、ああいうとこでね、
暑い日のまだ明るいうちからブラブラして飲んでまたブラブラしたりしてみたいすな。

1日は昼すぎという微妙な時間からアポプトシススタジオ。
うん、なんだろう。
早く普通のバンドになりたいという感じ。

この日はそのまま世知辛だったのだけど、くっそ豪雨だったので泣いた。
漠然と、我々人類はあとどれくらい地球に住むことを赦されているのだろう?
みたいな疑問をなんとなく抱いてしまうくらい世知辛かったし、雨は冷たかった。

先週はそんなんでした。
先の事を話しては胴体から下がついてこない、そんな感覚ばかりがありますが、
地味にやってくしかないですね。

今週に入ってからの記憶はありませ     ぬ。

じゃあそんな感じで!
今日は多分哀しい珍妙棒振りなんじゃないかな。
よるほー!よるほー!

おやすみなさい、優しい夢を

いらない子なんていない



待  た  せ  た  な  !

大好評!今夏発売予定の新CDに向け滑稽のドアが送るタイムカプセル対談企画!
半年前対談第四回がアッピングされているんだぜ!





もうチェックしたかい?




この実体も実働もないその影すらも踏ませない、
所謂YOUTUBEアーティスト(ここ大事)的な活動に

「誰なのこの人達、素敵!」
「斬新だわ!」
「ポテトパイ3つ!」
等々、各界からご評価いただいております


さあ君も観てみるんだ!
そして震えてほしい!
我々の原罪に!
よろしくぅ!


あ、3月は滑稽のドアライブの方ありませんが、
4月に一本決まっております

4月3日
越谷イージーゴーイングス

my way my love / Koila / 滑稽のドア / ...and more!!
OPEN/未定 START/未定
ADV/¥2300 DOOR/¥2800

詳細の方はまだですが、よろしければ遊びに来てください
週末!帰れんでもいいぜ!





記憶にある、かつて姉がおっかけしてた野球選手シリーズその一





盛田幸紀



大洋ホエールズ時代ですが、姉がよく試合行ったりしてましたね
この画像だとちょっとあれだけど当時はやはりかっこよかった記憶があります
写真とかサインとかめっちゃ部屋に飾ってあったりしましたね
98年優勝の前年にトレードされていたんですねえ
今でも爽やかな優男風おじさんという感じでイケメンです


※今回は世界の野草シリーズはお休みです
だって野草とか・・・ねえ?あまり普段食べないし・・・
| 光fromNDR | 宇宙船地球号というふざけたネーミング | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ